アイピルの副作用は何ですか?

アイピルの副作用

アイピルの副作用は、ほとんど報告されていません。
そんなことを気にして、このお薬飲む人もいにと思いますが・・。

 

ごくまれに、吐き気、嘔吐、疲労、めまい、頭痛、乳房の圧痛、下腹部の痛み、斑点、月経外傷ということもあります。

 

ほとんどの女性は、アイピルを服用していても副作用に気付かないことが多いのです。

 

  • 気をつける人!重い肝臓病、妊娠中の人。
  • 特に注意が必要な人!肝臓病、心臓病、腎臓病のある人など。

2週間に一度定期的にアイピルを使用しています。

定期的に使用するには、いろんな意見があります。
結果的には、アイピルは、緊急時のみ!ということですね。

 

緊急ピルと呼ばれています。緊急時にのみ使用してください。 

14日に一度は緊急ではなく、人工的に計画された行為です。ピルは大量のホルモンを入れ、受精卵の働きを妨げます。

 

このホルモンの量が多いため、身体の正常な機能が損なわれるという懸念がありますが、使用する期間にもよりますが、長期的な影響はないという報告です。
しかし、長期間使用し続けると!そこまでも報告というか、使用している人はいません。

 

そんなにアイピルを使うのであれば、いろんな避妊薬があるはずです。緊急時以外、むやみに使用しないほうが身の為です。

 

不妊症になるの?

特にアイピルを定期的に服用しても不妊症にはならないという報告です。

アイピルを服用して、7日後に出血し通常の生理あったのですが、次の期間は15日後に来て3日間だけありました。何か異常があるのですか?

通常、緊急避妊薬を服用した後、あなたに待っているものは、通常のサイクル以外の出血です。

  • iPill(緊急避妊薬)を服用している女性の間では一般的な事なのです。
  • 突然の出血は通常、iPillまたは他の緊急避妊薬を服用してから5から7日後に始まります。
  • これはホルモンバランスの変化ために発生します。
  • 人によりますが出血は非常に軽いか、凝固塊(血栓・血の塊)の可能性があります。

出血が長時間続く場合は、すぐに医師に相談してください。